私たち人間のカラダの60%は水、30%はタンパク質で出来ています。 体内のタンパク質はおよそ500万種。タンパク質の30%~40%はコラーゲンであると考えられています。コラーゲンは皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・眼・髪など、あらゆる組織で大切な働きをしています。そのためコラーゲンが不足してしまうと人体に様々な影響があらわれてきます。

私たちのカラダの様々な組織に含まれているコラーゲン。しかし、年齢と共に新陳代謝が衰えはじめると、コラーゲンを作ろうとする体内作用が弱まり、25歳を過ぎると体内のコラーゲンは急激に減少するといわれています。美容・健康・介護等、様々な分野で、コラーゲンの補給による効果が注目されており、大学等の機関でも広く研究されています。

ハリと潤いを保つ
髪・爪 美しくのばす ツヤを保つ
カルシウムやリンをつなぎとめ成長をささえる
軟骨を再生し骨と骨の摩擦をサポート
全 身 新陳代謝を盛んにし、脂肪の蓄積を抑える
細 胞 酸素や栄養を供給し老廃物を運んでいく

コラーゲンペプチドをご存知ですか?

コラーゲンペプチドとはゼラチンを分解し低分子化した高純度のたんぱく質です。体内に吸収されやすいので、効率よく沢山のコラーゲンを摂取することができます。

  • コラーゲンペプチド

  • ゼラチンってなに?

  • 賞味期限について

  • 安全への取り組み