酵素を使ってゼラチンを分解し、体内への消化吸収を高めたものがコラーゲンペプチドです。コラーゲンペプチドはゼラチンより分子量が小さく、水に溶け、冷えても固まりません。精製技術の進歩により、原料にかかわらず、無味無臭。飲み物やスープ等の味を変えることなく、さっと溶ける手軽さから市場が広がっています。「コラーゲンの補給」を目的としたサプリメントや飲料水にも、コラーゲンペプチドが使用されています。

「お肌の曲がり角って何歳?」そこにはコラーゲンの減少が大きく関係しています。美容や健康のためにも、コラーゲンを沢山摂取したい!・・・と思っていても、タンパク質は消化吸収に時間がかかり、毎日の食事だけでは十分に摂取できません。そこで開発されたのがコラーゲンペプチドです。コラーゲンペプチドは、より効率よくコラーゲンを摂取できるよう、コラーゲンを小さな分子に分解し、体内に吸収されやすく加工した高純度タンパク質です。溶解性が高く、冷やしても固まりにくいので、飲料やスープなどにも混ぜることができ、不足しがちなコラーゲンを手軽に摂取できます。

食用 コラーゲンペプチド規格 [ PDF:813KB ]

※ 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が定めた規格です。
  • コラーゲンってなに?

  • ゼラチンってなに?

  • 賞味期限について

  • 安全への取り組み